あっち向いてこっち向いて

美少女ゲーム等が趣味の私が、気の向くままに書きこむチラシの裏。
あっち向いてこっち向いて TOP  >  スポンサー広告 >  ライトノベル >  「変態王子と笑わない猫。2」ちょっと感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「変態王子と笑わない猫。2」ちょっと感想

[ MF文庫J ]「変態王子と笑わない猫。2」
hentai2.jpg

■内容紹介
夏が終わる。十六歳のたった一度きりの夏が。いったいぼくは何をして過ごしたというのだろう?大いに焦る横寺陽人は、今日も今日とて空回り。月子に振られ、小豆に振られ、ポン太に振られ―自宅までも消滅した。なんで?どうして?どういうこと!?雷雨のなかにひとり、なにもかも喪って、どこに行くあてすらもない。「それなら先輩。今夜は、わたしの家に泊まるですか」「あ、うん。うん?」…夏の終わりの台風日和。最後の最後に、最高のホームランイベントが待っていた。風呂場の裸。縛られる布団。落ちる手錠。破られる衣服。そして―土蔵に潜む猫?早くも人気沸騰の爽やか系変態青春ラブコメ第二弾。バイバイ、ぼくの初めて―。

表紙を飾るのは小豆梓ということで、今巻の主役は梓になると思いきや・・・出番が思ったより少なかったです。今回も不遇な扱いになってます。
1巻のエピローグで「一緒に沖縄旅行したい」と言ってた梓ですが、今回も鈍感な主人公せいで行くことが出来ませんでした。そのかわり、かつての同級生と仲良くなれたというの良かったことですね。でも不遇には変りないです。
主人公にスルーされようともなんどもアピールしてる姿は悲しくなります・・・。
でも、そんなワンコみたいな梓がかわいいんですよね。
関連記事


テーマ:ライトノベル / ジャンル:小説・文学
[ 2011/02/09 23:17 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

トキコ

Author:トキコ
美少女ゲーム、ライトノベルなどが好きな人。

購入したものを晒したり、趣味に関することを呟いたりしてます。

※趣味が趣味故、18歳未満、及び高校生の方はブラウザの戻るボタンをクリックしてください。

メール:

バックナンバー
お気に入り
猫天商会 minori クロシェット ゆずソフト PULLTOP フェイバリット CUBE official homepage parasol Lillian


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。